なぜか利用者属性で分けられるプランの実態

なぜか利用者属性で分けられるプランの実態

商品と媒介物を切り離して考えてみますと、商品はショッピング枠現金化であり、媒介物は決済の名目に必要なもの、という分別ができますね。

 

同じショッピング枠現金化という目的に、なぜここまで優良と悪徳に言われているのか・・・。

 

理由は様々有りますが、大まかにその対応の内容に言われる原因があります。

 

同じサービス内容が並んだ場合には、比較検討者の多くは目で見た情報を基にして判断することになりますので、換金率の数字が良かったり、サイトデザインが利用者の好みであったり、実際の取引内容がどうであれファーストインプレッションが利用者に与える印象は非常に大きな割合を占めます。

 

ですから、どの業者もこのような事を踏まえていると思いますが、目指すものが同じですと差別化が難しくなりますよね?そこで媒介物の違いや特定層への優遇を押し出すなど、独自性を際立たせている様子が確認出来ます。

 

その中で女性向けをアピールした「レディースプラン」、高齢者を意識した「シニアプラン」」、法人を意識した「法人プラン」などなど。。。

 

法人ですとショッピング枠の残高が高い傾向にありますので、店舗によっては「プレミアムプラン」などと誇称する業者も確認出来ます。

 

特に該当者が閲覧した場合には、他者と比べてそのような表記がなされていると、必然的に優遇してもらえるような印象を受けるサイトに申込みをしてしまうと思いますが・・・・実はこれがショッピング枠現金化業者の戦略であると言えます。

 

全てがそうであるとは断定が出来ませんが、お金の悩みという特殊な事情を抱える検討者はショッピング枠現金化業者が上手になってしまうといいますか、求めている側ですから弱い立場にあると言えます。

 

利用を前提に業者に対して申込みをする方が多数でしょうから、こうしたプランを設けているところに期待感を抱くしかなくなると言う事。

 

比較サイトでは、総合評価や各種項目に特化したランキングや掲載基準を設けているところがあるように、基本的にはプラン別の取引について評価しない傾向にあります。

 

むしろ、どのプランに置きましても対応が変わらないところこそが、何かとトラブルの防止策になるという考え方です。

 

クレジットカードにおきましても、確かに女性向けや若者向けというサービス内容に特化して発行している会社もありますが、何かショッピング枠を利用する事で何か特典が付くことは・・・そう無いですからね。

 

業者にとって都合の良い集客手段である、戦略である、と推測されますと、上記の全てに合点するのではないでしょうか?