ショッピング枠現金化は将来的に消滅してほしい金策方法

ショッピング枠現金化は将来的に消滅してほしい金策方法

実は今、ショッピング枠現金化業者の数は次第に減ってきているのが現状です。

 

比較サイトからリンクを貼られていても、比較サイト自体の更新が既に放置されていたり、Amazonギフト券の換金に移行したお店は数が多いモノの、依然として従来からの厳しいメディア露出の機会が無い為に、比較的歴史があるAmazonギフト券買取サイトも閉店が見られるようになりました。

 

Amazonに移行するキッカケと致しまして当サイトで考えられる範囲となりますが、立て続けに悪徳業者が捕まっている状況と市場規模間の狭い隙間産業において、数少ない広告枠の競争が激化したことにより、新たなる掲載枠と市場の開拓を求めたものと思います。

 

今も運営をしている業者の多くは十年くらいは営業をしている業者ではないでしょうか?それに後から参入してきたお店も数多くありましたが、熾烈な競争に負けて今では404表示になっているなど、ごく一部しか成功と言いましょうか、まともに営業年数を重ねられているところは多くはありません。

 

さらに、広告枠の数はおおよそ検索結果の1〜2ページ目が一つのホットラインとなっているようで、こちらに表示、または表示されている比較サイトに掲載することが出来ないお店は、そのメディア戦略で負けていると判別が出来ます。

 

これは前述したAmazonのショッピング枠現金化業者でも同じ事が起きており、利用者の絶対数に対して業者の数が飽和状態で有る事を意味しております。

 

リスティング広告は従来の業者では掲載されることが不可能ですが、Amazonギフト券にすると掲載が出来るようですが、こちらも広告単価の入札価格が高騰しており、実際に獲得される見込み客が検索するワードのほとんどが、掲載ガイドラインに抵触するワードとなっていることで、ターゲットに指定できるワードの数が多く無く、結果的に誰もが狙うワードに入札しなければならないことが見て分かります。

 

顧客の取り合いによって次々と自滅、さらには総量規制の効果により見込み客の今後の減少によって、さらに激化、そして、金融機関系のカードローンが借金や融資のオンリーワンとなり、結果的に業界全体で自滅していくのが当サイトが考えるショッピング枠現金化の未来です。

 

資金調達策は他にも有りますし、メディアを利用した注意喚起と消費者の意識付け、メディアの掲載自主規制が今現状の厳しさを保っていれば、サービスが消滅する日はかなり近いのではないでしょうか?それは新興サービスである換金市場も同様に考えています。