電子マネーを使ったショッピング枠現金化

電子マネーを使ったクレジットカード現金化

クレジットカードと似た機能を持つ電子マネーですが、クレジットカード決済によってチャージできる仕組みから、結果的にクレジットカード現金化として結び付けることが出来る可能性について模索してみます。

 

この手の事情に詳しいライターが知人に居りましたので、聞いてみることにしました。

 

非接触型のものが多くなっており、先にお金を払うプリペイドと後払いのポストペイの2つに分類されますが、交通系、流通系、クレジット会社系のものなど種類も豊富になっていると言います。

 

電子マネーからクレジットカード現金化はどうすればいい?

 

電子マネーは現金不要でさっとカードやスマホを機器にかざすだけでお金の決済ができます。

 

どちらかといえば、利便性を重視し、落とした時のリスクもあるため、小額資金を決済するために利用することが多いようです。

 

しかも電子マネーで支払いできないものもあって、クレジットカード現金化とはほど遠い気がします。

 

また、電子マネーにより、プリペイド型とポストペイ型があって、プリペイドで、事前にクレジットカードが使えず現金のみの利用しか認められていないケースもあります。

 

交通系の電子マネーは一部返金も受け付けていることもあり、こうした例外を狙えば工夫して電子マネーの"クレジットカード現金化"も可能だということです。

 

ポイントを電子マネーに移管して利用

 

直接電子マネーを換金するのは、難しいという話でした。

 

しかし、現金ではなく、楽天などの他のポイントサービスと提携しているなら、そのポイントを電子マネーに移行して支払いに使うことも可能です。

 

ポイントサイトを利用して買い物やポイントがゲットできるサービスを受けた場合、いつの間にかたくさんのポイントが貯まっているはずです。

 

もちろん、ネットの買い物に使う場合が多いとは思います。

 

そして、クレジットカードのチャージと併用し、電子マネーを利用して換金率の高い商品をショッピングをした後、その商品を転売して現金を得ることができます。

 

しかし、電子マネーで商品券を買うことができない場合が多く、例外的にnanacoカードにクレジットカードをチャージして、クオカードを購入するといった間接的な方法がよく採用されています。

 

返品処理を使う電子マネーのクレジットカード現金化はオススメできない

 

直接電子マネーを現金返金で対応してもらう方法もあります。

 

しかし、あまり頻繁に使えませんし、返品処理は嫌がられることもあったり、ポイントで返金されることもあるようで、手順としてはプリペイド型の電子マネーにクレジットカードでチャージし、電子マネーでショッピングをします。

 

その後返品をするだけです。

 

たいていは、いったん現金で返金されますし、しかも還元率は100%ということになります。

 

今のところポイントで返金する方法がややこしく時間がかかるため、現金での返金が多いようですが、オススメの方法ではないこともお伝えしておきます。

 

まとめ

 

普及しつつある電子マネーを使ったクレジットカード現金化もたまに実行されています。

 

電子マネーにもいろいろ種類があります。

 

それぞれの特徴をつかみ、間接的な方法で行うが多いようです。

 

返品処理を使った電子マネーのクレジットカード現金化は、場合によっては可能だということをお伝えしておきます。