ショッピング枠現金化をするくらいなら何でも出来る!

ショッピング枠現金化をするくらいなら何でも出来るはず!

ショッピング枠現金化は比較的事業者側に対してイメージの悪さが付きまといますが、取引の性質上、クレジットカードホルダーである自分自身の意思確認で決済を行う形になりますので、換金目的での利用を自覚して実行している事が予測されます。

 

これは事業者側が他人のクレジットカード番号や有効期限、さらにCVV番号などをバッチリと生成することなど不可能ですから、所有者の意思で換金をしていると言い切っても過言ではありません。

 

互いの合意の上で換金をしていると言う事で、発行会社からしたら同罪であり、何等かの処分が下されても問題が無い事は分かりますよね?このリスクを承知した上で利用する事が出来るのであれば、金策によって生まれる気苦労よりも、節制する事の気苦労もこなせるのではないでしょうか。

 

金策するよりも節制する事の方が辛い?

 

お金があれば使ってしまうのが浪費癖の有る方で、理性が働いている人は低所得であろうが高所得であろうが適切にお金との付き合い方が出来ます。

 

お金は手に入れる事が難しいのですが、使う事は非常に簡単で、しかもお金を通して我々は社会との関わりを持っている為に必要不可欠な存在です。

 

だからこそ汗水垂らして一生懸命に我々は労働をするのですが、その収入に格差が生じてしまうことは避けられません・・・。

 

働く事も大変、金策をする事も大変、支払いをするのも大変・・・それなら節制を徹底する苦しみの方がまだ先は明るいのではないでしょうか。

 

上流から下流へ流れる川の様に、次々とお金を流しても流されるだけですから、これを堰き止める事が出来ればお金を残す事に繋がる、という単純な理屈です。

 

支出の中でも当然避ける事の出来ない項目もありますが、それ以外の私欲で出費される項目を抑える事が出来れば良いのですが、社会人となった今、お金を使わないで生活を営む事は大きなストレス。

 

自宅から一歩出ればお金を使わずに何かのサービスを受ける事や、散歩や公共施設で時間を潰して満足出来ればよいのですが、浪費される方がいきなりこの生活が出来るかと言いますと非常に難しいと考えられます。

 

しかし、その苦痛と金策する事の苦痛はどちらが大きいでしょうか?どちらを選択した場合の行く末を想像するとどちらが良いでしょうか?答えは自ずと出てくるはずです。

 

金策で味わう苦痛は社会的な信用を失う恐れも有る事を理解しますと、ショッピング枠現金化に限った話ではありませんが出来るだけ第三者の手を借りない方が望ましいと結論付けることが出来ます。