ショッピング枠現金化は万能な金策では無い

ショッピング枠現金化は万能な金策では無いと理解する

立ち行かないからショッピング枠現金化をする、というか何も無ければこのようなサービスなんて関わりたくないですよね。

 

私も困り果てた挙句にお世話になって一人ですが、換金したお金は支払いで無くなりますので、次月に訪れる「引き落とし日」までに口座にお金を入れなければいけないと、また焦っていた事を今でも覚えています。

 

この金策は、例え現金を手にする事が出来ても何も解決しない事は問題視されている原因で、別にショッピング枠現金化だけでなく、総じて金策と言われる全ての業者に言える事です。

 

特に近年は、金貸しに対する法規制が他の先進国の中でも特に際立っており、今では銀行傘下に入る事で運営を続けられているのが現実で、改正貸金業法で負い目を食らった貸金業者は軒並み閉鎖、もしくは縮小された結果を生み出しました。

 

その結果として2015年現在、債務を抱える人たちが減っていき、次第にショッピング枠現金化業者も閉店していく傾向になっています。

 

これは社会的にもの凄い良い影響で、お金に関わる商売に社会的生産を生み出すとはとても言えなく、業者を利用しなくなったと言う事は「お金に困る人がすくなくなった」・「商売にしていた人たちは利益が残らず他の仕事をするようになる」・「換金したことによる支払いの滞納者を減らす事が出来る」・・・などの社会的な好影響しかありません。

 

では、ショッピング枠現金化に何が負の要素となっているのか、さらに詳細を各比較サイトからキュレーションします。

  • 怖いお兄さんたちの資金源になっているかも
  • 誰が経営しているのか、想像だけが膨らみますが意外と何でもないのかも?

     

  • 個人情報を悪用されるかも
  • 大企業や国レベルで流出問題が有りますので、ショッピング枠現金化だけがそのリスクが有るわけでは無い。

     

  • 振込が無い・言っていたコトと違うなどのトラブル
  • 比較サイトの情報を参照しましたでしょうか?言われるがままに進めた自分を責めるしかありません。

これらは実際に録音や証拠が残っている訳でなく、多くは机上の話で終わっている事が面白い点です。

 

実際にそれら被害に関する情報は、国民生活センターでも発表がされている事は無く、支払い滞納を招く要因としての注意喚起で有り、ツッコミどころがあれば容赦なく潰すのでしょうが、実際のところ妄想ばかりが先行しているのかもしれません。

 

比較サイトや注意喚起される情報は、メリットもデメリットの両方について、その真意を見極める事が必要です。