2017年02月

ショッピング枠現金化というのは、いざというときに便利なものです。特に、総量規制の関係で消費者金融から借り入れができない人にとってはまさに救いの手となってくれるでしょう。
しかしながら、便利なショッピング枠現金化にもデメリットはあります。デメリットを十分に理解した上で、ショッピング枠現金化を検討していきたいものです。

 

クレジットカードを利用停止させられる可能性がある

 

今では誰もが持っているクレジットカードですが、通常であれば本当に必要なものを購入する際に使うものです。
クレジットカード会社ももともとショッピング枠現金化なんてものを想定した上でクレジットカードを発行しているわけではないのです。
クレジットカード会社にしてみれば、ショッピング枠現金化というのは決して喜ばしいものではありませんし、むしろクレジットカード規約に違反している使い方です。
そのため、もしショッピング枠現金化がクレジットカード会社に知られてしまうと、せっかく作ったクレジットカードを利用停止させられる危険性があるのです。
公共料金の支払いや普段の買い物などで、それまで普通に利用できるのが当たり前だったクレジットカードが使えなくなると、生活が一気に不便になるでしょう。

 

悪徳業者につかまる危険性がある

 

ショッピング枠現金化を謳っている業者は非常に多くなっています。しかしながら、そのどれもが優良業者というわけではありません。
中にはショッピング枠現金化を希望している人から最後の一滴までお金を搾り取ってやろうというような悪徳業者も存在します。
よく調べないままに悪徳業者につかまってしまうと、本当に大変なことになります。
一時的にちょっとしたお金がほしかっただけなのに、悪徳業者につかまってしまったばかりにとんでもない金額を請求されてもっとひどい状況になってしまうという可能性もあるのです。
しかも、悪徳業者というのは悪徳業者同士で強いつながりを持っているものです。
そのため、悪徳業者を利用した際の個人情報が、ヤミ金業者や詐欺を働いている他の悪徳業者に流れる可能性もあります。そうなってくると、常に悪徳業者から狙われている状態になりますので精神的にも落ち着いてはいられないでしょう。悪徳業者というのは本当にタチが悪いので、一度でも関わってしまうと思っている以上にひどいことになってしまうのです。

 

ショッピング枠現金化業者を利用するときには即日で利用できるとしても、十分比較、検討に時間を割いたほうがいいでしょう。
続きを読む≫ 2017/02/24 12:30:24

クレジットカードを作ろうとすると、クレジットカード会社は申し込みした人が信用におけるか審査をします。

 

審査をする際には、信用情報会社と呼ばれる機関で個人の信用情報をチェックしますが、借金の返済を滞納したり、過去に自己破産をしていたりしていると信用情報に傷がついている状態、つまり過去に金融事故を起こしているという情報が記載されます。

 

この信用情報に傷が付いている人は俗に「ブラックリストに載っている」と言われますが、ブラックリストに載ってしまうと借金やローンを組むことができない、クレジットカードを作ることができないと言われています。

 

クレジットカード会社からすれば、過去に金融事故を起こしている人は自社で利用をする際もなんらかの事故を起こす可能性が高いと判断します。つまり、信用がないとみなされ、クレジットカードを発行することができないのです。

 

ブラックリストに載ってしまうと最低でも10年は事故情報が残っている為、その間クレジットカードは作れないということになります。

 

一昔前であればクレジットカードは選ばれた人しか持てず、ステータスが高い人が持っていた側面もありましたが、今やクレジットカードは比較的容易に持つことができ、ネットショッピングなどではクレジットカード決済のみの支払いを採用しているところもあるくらいです。

 

クレジットカードは日々の生活に大いに役に立つので、クレジットカードを持てないことは大変不便ではあります。

 

しかし、ブラックリストに載っていてもクレジットカードと同じように使えるカードを作ることは可能です。

 

デビットカードと呼ばれる、クレジットカードと似ているカードであればブラックリストに載っている人でも発行することができます。

 

デビットカードとは、クレジットカードと同じように支払いに使えるカードですが、クレジットカードと違うのは利用した金額が口座から即時引き落としされるという点です。

 

クレジットカードであれば利用した分の支払いは翌支払日に引き落としされる、ショッピング枠という与信がありますが、デビットカードにはその与信がついていません。イメージとしては口座を直接持ち歩いているという形です。

 

即時引き落としされるということは、ショッピング枠現金化には利用できません。ブラックリストでもショッピング枠現金化できるという訳ではないということなので注意が必要です。

続きを読む≫ 2017/02/09 16:25:09