ショッピング枠現金化サービスに必要な心構え

ショッピング枠現金化を有効活用?いや一時凌ぎの間違いかも!?

ショッピング枠現金化という言葉や取引内容を知る機会はそう多くはないはずです。

 

当サイトに置きましても恐らくコテコテの関連キーワードで検索をしない限りは辿り着くはずが無いと思いますが、検索結果で上位に位置する比較サイト1つで全てを把握する事など出来ませんし、ましてやその発信される情報が本当に正しいものか、ファーストインプレッションだけで判断するには危険な金策ではないでしょうか。

 

さらに、サイトを移動して別の情報を仕入れようとすると、ショッピング枠現金化を利用しない方が良いと言ったり、注意して〜、弁護士や司法書士にお任せを〜などとお金に関わる事業を展開する方々の広告窓口にHITする事も有り、まさに利用を検討中の方をどのようにリードしていくのか試行錯誤されているのがネットの世界です。

 

これはショッピング枠現金化だけでは有りません・・・全ての購買行動でネットを利用したプロモーションを業としている会社が沢山存在するように、情報を受け取る側の方が必然的に数が多くなりますし、人に発信するということが出来る人は多く無い、そうなると発信される情報を信じやすくなるのは当たり前ですよね。

 

大手企業であればコラムでもオーサーに関する情報を開示されていますが、ショッピング枠現金化に限らず何かサービスや情報を発信する方全てが公開されているわけでは無く、依然として匿名性が高いのです。

 

しかし、通信端末が国民一人に一つ、もはや日々人生を送る中で生活必需品とも言える存在のネットですが、当たり前のようにあらゆる情報を手にすることに対して抵抗感を抱く人間は多くは有りません。

 

ご高齢の方が特にネットに抵抗感を感じる方が多いのですが、実は私も若干齢ですがネットが大っ嫌いな人間です。
比較検討者に対して本質を伝えているサイトの数はそう多くは有りません。

 

ショッピング枠現金化の情報はこのようなところで知る事が出来ます。

 

上記のサイトのように、出来るだけ数多い情報の発信を目指し更新していく所存です。

 

ショッピング枠現金化は特に広告規制が布かれているのですから、報酬を業者から受け取っている比較サイトなのか、サービスをゴリ押しする内容も見受けられますが果たしてそのような比較サイトから申し込みすることが優良なお店を見つけるヒントになり得るのでしょうか?

 

初めて換金を考えている方も、乗換を検討されている方も、はたまたサービスに対して関心のある方もいろいろな角度から考えてみると沢山のことが見えてくるはずです。

 

ショッピング枠現金化業者の説明には耳を傾けてみましょう

 

今現在、換金を考えている方が閲覧していましたら今一度考え直していただけるキッカケになればと思い、記述しています。

 

当サイトだけでなく、色々廻った中の一つだと思います。

 

結局どの業者が良いのか・・・そう簡単に決まらないのではないでしょうか?実は業者を紹介している比較サイトの中には業者自ら広告されている事があります。

 

その顕著な例としまして例を挙げます。

 

ショッピング枠,現金化,サービス,必要

 

店名が出てしまっておりますが、こちらの比較サイトは都内の東京都中央区日本橋にある会社が運営しているようなのですが、googleアドワーズと呼ばれる検索結果に順応して表示される広告枠に出稿しています。

 

このgoogleのサービス出稿しているという事は、お金をかけているという事です。

 

つまり、その都内の業者が運営しているのか、はたまた業者がその都内の業者に依頼して製作されているのかのどちらかではないでしょうか?少なくとも何の利害関係も無く業者をランキング化して紹介するなんておかしな話ですからね。

 

意図的に作成された広告物というものは、紹介先で閲覧者が利用するように考えられた情報ですから、紹介先が悪徳あるいは悪質な業者であっても、その比較サイトでのランキングが高ければそれを信用してしまうのが我々消費者の弱点です。

 

しかもこれ、googleが広告掲載の規約に違反しており、何らかの方法で審査を通しているようですが、URL(ドメイン)をかなりの頻度で変更しながらも中身は同じという事を確認しています。

 

検索したらすぐに出てくると思いますが、これをクリックしますとその都内の業者にクリック単価という形で請求されます。

 

もちろん、こちらがお金が払う必要もありませんし、申し込みをしなければいけないという事もありません。

 

見掛けた際にはどんどん押してアクセスをしてあげましょう。

 

掲載している会社にとっては、申込をする人はいないのにお金が掛かるという事になります。

 

こうした比較サイト以外にも、未成年をショッピング枠現金化に申し込みさせるという悪意ある運営者もおりますので、こればかりは沢山の情報を確認しなければ照らし合わせが出来ません。

クレジットカードを作ろうとすると、クレジットカード会社は申し込みした人が信用におけるか審査をします。

 

審査をする際には、信用情報会社と呼ばれる機関で個人の信用情報をチェックしますが、借金の返済を滞納したり、過去に自己破産をしていたりしていると信用情報に傷がついている状態、つまり過去に金融事故を起こしているという情報が記載されます。

 

この信用情報に傷が付いている人は俗に「ブラックリストに載っている」と言われますが、ブラックリストに載ってしまうと借金やローンを組むことができない、クレジットカードを作ることができないと言われています。

 

クレジットカード会社からすれば、過去に金融事故を起こしている人は自社で利用をする際もなんらかの事故を起こす可能性が高いと判断します。つまり、信用がないとみなされ、クレジットカードを発行することができないのです。

 

ブラックリストに載ってしまうと最低でも10年は事故情報が残っている為、その間クレジットカードは作れないということになります。

 

一昔前であればクレジットカードは選ばれた人しか持てず、ステータスが高い人が持っていた側面もありましたが、今やクレジットカードは比較的容易に持つことができ、ネットショッピングなどではクレジットカード決済のみの支払いを採用しているところもあるくらいです。

 

クレジットカードは日々の生活に大いに役に立つので、クレジットカードを持てないことは大変不便ではあります。

 

しかし、ブラックリストに載っていてもクレジットカードと同じように使えるカードを作ることは可能です。

 

デビットカードと呼ばれる、クレジットカードと似ているカードであればブラックリストに載っている人でも発行することができます。

 

デビットカードとは、クレジットカードと同じように支払いに使えるカードですが、クレジットカードと違うのは利用した金額が口座から即時引き落としされるという点です。

 

クレジットカードであれば利用した分の支払いは翌支払日に引き落としされる、ショッピング枠という与信がありますが、デビットカードにはその与信がついていません。イメージとしては口座を直接持ち歩いているという形です。

 

即時引き落としされるということは、ショッピング枠現金化には利用できません。ブラックリストでもショッピング枠現金化できるという訳ではないということなので注意が必要です。

続きを読む≫ 2017/02/09 16:25:09 2017年02月

ショッピング枠現金化について調べますと、未成年者でも受付ができる優良店を紹介している比較サイトがあります。

 

しかし未成年者と言いますと、既に社会に出て働いている人もいますが法的には結婚して成年擬制にならない限り、基本的には親(保護者や法定代理人)が何かと面倒を見たり後見人となっているわけで、承諾を得ない限り契約事は手続きが出来ません。

 

そんな彼らもクレジットカードを持てる事は出来るのですが、高校生では無い事と18歳以上である事が発行会社の決まり文句になっています。

 

そもそも未成年者の定義は20歳未満の事を指すで、先ほどの発行条件を加味しますと未成年者でクレジットカードを所有できる歳は18歳と19歳という事になりますね。

 

そんな彼らでも利用できる業者があるとして紹介されている事がありますが、紹介されていながら実際に申し込みをすると断られるというケースが相次いでいます。

 

何故そんな事になるかと言いますと、元々請け負っていないにも関わらず比較サイトが虚偽の情報を流してリンクを張っている事が原因であり、その裏側には申し込みをさせた事による広告収入を目的にした悪い大人がいるからです。

 

少し探ってみますと、某観光地で有名な地域にお住まいのなかなかいい歳の会社員が運営しているようで、副業目的で運営されているのか更新頻度も低く内容が無いサイト構成になっているものの、未成年者でも利用できる業者の紹介という事で「未成年」をつけて検索すると上位表示されています。

 

その管理人のFacebookを見ますと外食の様子や日常生活の様子が見れますが、未成年者を騙して得たお金で良い暮らしをしている様を見ますと同じ大人としていたたまれない気持ちになります。

 

もし未成年者の方で換金出来ないか調べてこの記事に到達された方にお伝えしたい事は、「断られる」ということです。

 

「比較サイトにはそう書いてあったから申し込みをした」と告げましても、それは業者が意図しない広告であり、その運営者が勝手に行っているだけです。

 

他にもクレジットカードが無くても申し込みを受け付けているという紹介の仕方も同じ言葉遊びに過ぎませんので、お金を貸してくれるところを紹介してくれる事もまずないでしょう。

 

未成年者であれば素直に親御さんに仕送りをしてもらうなどの方法が遥かにローリスクであり、自立と言いましても簡単に出来るものでは有りませんので、そこは恥ずかしがらず素直に相談してみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2016/12/20 11:09:20 2016年12月

皆様は「換金」という言葉を聞いて何を想像されますでしょうか?クレジットカード現金化についてアレコレと記述していますが、多くの人はパチンコ景品を想像されると思います。

 

現金で無いモノを現金にするのですから、どちらも換金とい定義は満たしております。

 

総じて、この換金という言葉はあまり良いイメージが浮かびません。

 

特にこの印象が強いのは、最近また嫌に世間の注目が再燃しつつある野々村竜太郎元県議も、政治資金を換金した事で有名になりました。

 

パロディ化されて動画やまとめサイトでネタになってしまっておりますが、当人がキチンと反省できる場と時間を与える事も必要で有り、現在の取り上げ方は本人にとっても社会にとっても決して良くない風潮であると個人的には思いますが・・・。

 

さて、このようにマネーロンダリングに関わる事件が起こるたびに換金という言葉が登場し、その頻度が高くなるほど悪い印象が強くなります。

 

換金が良いイメージで使われている場面・・・当サイトで考えられる唯一の内容は、通貨の換金ぐらいです。

 

ネット上では、特定キーワードが他のワードとどのように組み合わされて人々に検索されているのかを調べるサイトが無料で利用できるところが有ります。

 

そのサイトにて調べますと、地域名や国名と併せて「換金」が検索されている事により、上記のような通貨の換金を探されている事が明確になりますが、それ以外にも競馬やパチンコ、さらに切手に商品券関連、Amazonギフト券など・・・やはりキナ臭いワードが現われます。

 

クレジットカード現金化におきましても、直接磁気カードそのものを換金する術は有りませんので、ショッピング枠を利用して一度は商品購入の手順が挟みますので、換金の要素と致しましては"商品に対する換金"となります。

 

クレジットカード現金化という名称は適切なモノでは無く、商品を省いた略語で有ります。

 

その為か「換金+●●」のように、品目が検索されている傾向も理解できるのではないでしょうか?換金性とは世の中の需要を現しておりますので、人々に受け入れられなけば価値は下がりますし、これからも新しい換金性が高い物品は誕生することでしょう。

 

さらに、日本ではカジノ法案の制定を模索しており、こうした金銭のやり取りに付きましても「換金」は付き物ですから、新手の手口へと進化するのかもしれません。

 

業者やトラブルが減っている為に、割と見逃されている傾向を感じる商法ですが、換金するほかに出立てが無い方にとってはオンリーワンの存在です。

続きを読む≫ 2015/11/30 10:23:30 2015年11月

クレジットカード現金化をした直後は、店員さんに感謝の気持ちでいっぱいになったことは有りませんか?これは実際に体験した方でないと分からない心情だと思います。

 

無かったモノが有る、そしてそれをやってもらった、ありがとう、という感じです。

 

しかも最初は本当にお金が手に入る仕組みなのかどうかすら怪しい印象がある取引方法ですから、敷居が高いと言いますか、謎の勇気を振り絞って皆申込みをしていることと思います。

 

しかし相手も人間です。

 

よく話しを聞いてみると意外にも、その先入観は全て杞憂に終わる事になります。

 

この手のお店の特徴として、女性の利用者を増やすことを目的にしているのか、女性をサイトデザインに取り入れていることを多々見掛けますが、実は男性しか対応していませんよ、というお店もあれば本当に女性が対応してくれるなど、意外性に満ち溢れています。

 

そんな実態も換金した直後は神に感じますが、いざ訪れる利用した分の引き落とし日には悪魔と化します。

 

換金して手に入れたお金はすぐに無くなってしまうと思います。

 

引き落とし日までには残っていない事が大多数でしょう。

 

では、使ってしまったお金は戻ってくることはありませんから、引き落とし日に請求された金額は一体どうやって支払えば・・・割賦払い(分割・リボ)を選ぶしかないですよね。

 

利用する事情は様々でしょうが、「一括で支払いが出来る、あくまで繋ぎを目的に利用するんだ」という方には有効的ですが、「とにかく必要で支払わなければならない」と先が見えない状態で換金を希望される方もいらっしゃると思います。

 

そのような方は優良店であれば、クレジットカード現金化をしない事を諭しますが悪徳店はその人がどんな未来を歩むか知ったこっちゃなく、格好のカモとして対応をするでしょう。

 

換金しなければならない状況は違えど、どちらも支払い義務が存在する事は変わり無く、これを個人の事情でジャンプしたり少しくらいなら良いだろう、なんて安易な気持ちでいますとトンデモナイ結末を迎えることになります。

 

割賦払いを選択したとしても、結局クレジットカード会社が定めた料率の金利手数料が有りますから、終わる事の無い債務漬けの日々・・・支払いをする為に収入を得るという、極端な言い方ですがあまり充実しているとは言い難い生活です。

 

好き好んで換金する方はいるはずもありませんから、他の方法は無いか、出費する事自体を取りやめる事は出来ないか、既に受けているサービスや契約済みのモノに対しての出費は、出来るだけ最小限に留めるしかありません。

続きを読む≫ 2015/11/15 18:00:15

クレジットカードと似た機能を持つ電子マネーですが、クレジットカード決済によってチャージできる仕組みから、結果的にクレジットカード現金化として結び付けることが出来る可能性について模索してみます。

 

この手の事情に詳しいライターが知人に居りましたので、聞いてみることにしました。

 

非接触型のものが多くなっており、先にお金を払うプリペイドと後払いのポストペイの2つに分類されますが、交通系、流通系、クレジット会社系のものなど種類も豊富になっていると言います。

 

電子マネーからクレジットカード現金化はどうすればいい?

 

電子マネーは現金不要でさっとカードやスマホを機器にかざすだけでお金の決済ができます。

 

どちらかといえば、利便性を重視し、落とした時のリスクもあるため、小額資金を決済するために利用することが多いようです。

 

しかも電子マネーで支払いできないものもあって、クレジットカード現金化とはほど遠い気がします。

 

また、電子マネーにより、プリペイド型とポストペイ型があって、プリペイドで、事前にクレジットカードが使えず現金のみの利用しか認められていないケースもあります。

 

交通系の電子マネーは一部返金も受け付けていることもあり、こうした例外を狙えば工夫して電子マネーの"クレジットカード現金化"も可能だということです。

 

ポイントを電子マネーに移管して利用

 

直接電子マネーを換金するのは、難しいという話でした。

 

しかし、現金ではなく、楽天などの他のポイントサービスと提携しているなら、そのポイントを電子マネーに移行して支払いに使うことも可能です。

 

ポイントサイトを利用して買い物やポイントがゲットできるサービスを受けた場合、いつの間にかたくさんのポイントが貯まっているはずです。

 

もちろん、ネットの買い物に使う場合が多いとは思います。

 

そして、クレジットカードのチャージと併用し、電子マネーを利用して換金率の高い商品をショッピングをした後、その商品を転売して現金を得ることができます。

 

しかし、電子マネーで商品券を買うことができない場合が多く、例外的にnanacoカードにクレジットカードをチャージして、クオカードを購入するといった間接的な方法がよく採用されています。

 

返品処理を使う電子マネーのクレジットカード現金化はオススメできない

 

直接電子マネーを現金返金で対応してもらう方法もあります。

 

しかし、あまり頻繁に使えませんし、返品処理は嫌がられることもあったり、ポイントで返金されることもあるようで、手順としてはプリペイド型の電子マネーにクレジットカードでチャージし、電子マネーでショッピングをします。

 

その後返品をするだけです。

 

たいていは、いったん現金で返金されますし、しかも還元率は100%ということになります。

 

今のところポイントで返金する方法がややこしく時間がかかるため、現金での返金が多いようですが、オススメの方法ではないこともお伝えしておきます。

 

まとめ

 

普及しつつある電子マネーを使ったクレジットカード現金化もたまに実行されています。

 

電子マネーにもいろいろ種類があります。

 

それぞれの特徴をつかみ、間接的な方法で行うが多いようです。

 

返品処理を使った電子マネーのクレジットカード現金化は、場合によっては可能だということをお伝えしておきます。

続きを読む≫ 2015/11/15 17:28:15