クレカ現金化を有効活用?いや一時凌ぎの間違いかも!?

クレカ現金化を有効活用?いや一時凌ぎの間違いかも!?

クレカ現金化という言葉や取引内容を知る機会はそう多くはないはずです。

 

当サイトに置きましても恐らくコテコテの関連キーワードで検索をしない限りは辿り着くはずが無いと思いますが、検索結果で上位に位置する比較サイト1つで全てを把握する事など出来ませんし、ましてやその発信される情報が本当に正しいものか、ファーストインプレッションだけで判断するには危険な金策ではないでしょうか。

 

さらに、サイトを移動して別の情報を仕入れようとすると、クレカ現金化を利用しない方が良いと言ったり、注意して〜、弁護士や司法書士にお任せを〜などとお金に関わる事業を展開する方々の広告窓口にHITする事も有り、まさに利用を検討中の方をどのようにリードしていくのか試行錯誤されているのがネットの世界です。

 

これはクレカ現金化だけでは有りません・・・全ての購買行動でネットを利用したプロモーションを業としている会社が沢山存在するように、情報を受け取る側の方が必然的に数が多くなりますし、人に発信するということが出来る人は多く無い、そうなると発信される情報を信じやすくなるのは当たり前ですよね。

 

大手企業であればコラムでもオーサーに関する情報を開示されていますが、クレカ現金化に限らず何かサービスや情報を発信する方全てが公開されているわけでは無く、依然として匿名性が高いのです。

 

しかし、通信端末が国民一人に一つ、もはや日々人生を送る中で生活必需品とも言える存在のネットですが、当たり前のようにあらゆる情報を手にすることに対して抵抗感を抱く人間は多くは有りません。

 

ご高齢の方が特にネットに抵抗感を感じる方が多いのですが、実は私も若干齢ですがネットが大っ嫌いな人間です。

 

比較検討者に対して本質を伝えているサイトの数はそう多くは有りません。

 

クレカ現金化の本質

 

上記のサイトのように、出来るだけ数多い情報の発信を目指し更新していく所存です。

 

クレカ現金化は特に広告規制が布かれているのですから、報酬を業者から受け取っている比較サイトなのか、サービスをゴリ押しする内容も見受けられますが果たしてそのような比較サイトから申し込みすることが優良なお店を見つけるヒントになり得るのでしょうか?初めて換金を考えている方も、乗換を検討されている方も、はたまたサービスに対して関心のある方もいろいろな角度から考えてみると沢山のことが見えてくるはずです。

皆様は「換金」という言葉を聞いて何を想像されますでしょうか?クレジットカード現金化についてアレコレと記述していますが、多くの人はパチンコ景品を想像されると思います。

 

現金で無いモノを現金にするのですから、どちらも換金とい定義は満たしております。

 

総じて、この換金という言葉はあまり良いイメージが浮かびません。

 

特にこの印象が強いのは、最近また嫌に世間の注目が再燃しつつある野々村竜太郎元県議も、政治資金を換金した事で有名になりました。

 

パロディ化されて動画やまとめサイトでネタになってしまっておりますが、当人がキチンと反省できる場と時間を与える事も必要で有り、現在の取り上げ方は本人にとっても社会にとっても決して良くない風潮であると個人的には思いますが・・・。

 

さて、このようにマネーロンダリングに関わる事件が起こるたびに換金という言葉が登場し、その頻度が高くなるほど悪い印象が強くなります。

 

換金が良いイメージで使われている場面・・・当サイトで考えられる唯一の内容は、通貨の換金ぐらいです。

 

ネット上では、特定キーワードが他のワードとどのように組み合わされて人々に検索されているのかを調べるサイトが無料で利用できるところが有ります。

 

そのサイトにて調べますと、地域名や国名と併せて「換金」が検索されている事により、上記のような通貨の換金を探されている事が明確になりますが、それ以外にも競馬やパチンコ、さらに切手に商品券関連、Amazonギフト券など・・・やはりキナ臭いワードが現われます。

 

クレジットカード現金化におきましても、直接磁気カードそのものを換金する術は有りませんので、ショッピング枠を利用して一度は商品購入の手順が挟みますので、換金の要素と致しましては"商品に対する換金"となります。

 

クレジットカード現金化という名称は適切なモノでは無く、商品を省いた略語で有ります。

 

その為か「換金+●●」のように、品目が検索されている傾向も理解できるのではないでしょうか?換金性とは世の中の需要を現しておりますので、人々に受け入れられなけば価値は下がりますし、これからも新しい換金性が高い物品は誕生することでしょう。

 

さらに、日本ではカジノ法案の制定を模索しており、こうした金銭のやり取りに付きましても「換金」は付き物ですから、新手の手口へと進化するのかもしれません。

 

業者やトラブルが減っている為に、割と見逃されている傾向を感じる商法ですが、換金するほかに出立てが無い方にとってはオンリーワンの存在です。

続きを読む≫ 2015/11/30 10:23:30 2015年11月

クレジットカード現金化をした直後は、店員さんに感謝の気持ちでいっぱいになったことは有りませんか?これは実際に体験した方でないと分からない心情だと思います。

 

無かったモノが有る、そしてそれをやってもらった、ありがとう、という感じです。

 

しかも最初は本当にお金が手に入る仕組みなのかどうかすら怪しい印象がある取引方法ですから、敷居が高いと言いますか、謎の勇気を振り絞って皆申込みをしていることと思います。

 

しかし相手も人間です。

 

よく話しを聞いてみると意外にも、その先入観は全て杞憂に終わる事になります。

 

この手のお店の特徴として、女性の利用者を増やすことを目的にしているのか、女性をサイトデザインに取り入れていることを多々見掛けますが、実は男性しか対応していませんよ、というお店もあれば本当に女性が対応してくれるなど、意外性に満ち溢れています。

 

そんな実態も換金した直後は神に感じますが、いざ訪れる利用した分の引き落とし日には悪魔と化します。

 

換金して手に入れたお金はすぐに無くなってしまうと思います。

 

引き落とし日までには残っていない事が大多数でしょう。

 

では、使ってしまったお金は戻ってくることはありませんから、引き落とし日に請求された金額は一体どうやって支払えば・・・割賦払い(分割・リボ)を選ぶしかないですよね。

 

利用する事情は様々でしょうが、「一括で支払いが出来る、あくまで繋ぎを目的に利用するんだ」という方には有効的ですが、「とにかく必要で支払わなければならない」と先が見えない状態で換金を希望される方もいらっしゃると思います。

 

そのような方は優良店であれば、クレジットカード現金化をしない事を諭しますが悪徳店はその人がどんな未来を歩むか知ったこっちゃなく、格好のカモとして対応をするでしょう。

 

換金しなければならない状況は違えど、どちらも支払い義務が存在する事は変わり無く、これを個人の事情でジャンプしたり少しくらいなら良いだろう、なんて安易な気持ちでいますとトンデモナイ結末を迎えることになります。

 

割賦払いを選択したとしても、結局クレジットカード会社が定めた料率の金利手数料が有りますから、終わる事の無い債務漬けの日々・・・支払いをする為に収入を得るという、極端な言い方ですがあまり充実しているとは言い難い生活です。

 

好き好んで換金する方はいるはずもありませんから、他の方法は無いか、出費する事自体を取りやめる事は出来ないか、既に受けているサービスや契約済みのモノに対しての出費は、出来るだけ最小限に留めるしかありません。

続きを読む≫ 2015/11/15 18:00:15

クレジットカードと似た機能を持つ電子マネーですが、クレジットカード決済によってチャージできる仕組みから、結果的にクレジットカード現金化として結び付けることが出来る可能性について模索してみます。

 

この手の事情に詳しいライターが知人に居りましたので、聞いてみることにしました。

 

非接触型のものが多くなっており、先にお金を払うプリペイドと後払いのポストペイの2つに分類されますが、交通系、流通系、クレジット会社系のものなど種類も豊富になっていると言います。

 

電子マネーからクレジットカード現金化はどうすればいい?

 

電子マネーは現金不要でさっとカードやスマホを機器にかざすだけでお金の決済ができます。

 

どちらかといえば、利便性を重視し、落とした時のリスクもあるため、小額資金を決済するために利用することが多いようです。

 

しかも電子マネーで支払いできないものもあって、クレジットカード現金化とはほど遠い気がします。

 

また、電子マネーにより、プリペイド型とポストペイ型があって、プリペイドで、事前にクレジットカードが使えず現金のみの利用しか認められていないケースもあります。

 

交通系の電子マネーは一部返金も受け付けていることもあり、こうした例外を狙えば工夫して電子マネーの"クレジットカード現金化"も可能だということです。

 

ポイントを電子マネーに移管して利用

 

直接電子マネーを換金するのは、難しいという話でした。

 

しかし、現金ではなく、楽天などの他のポイントサービスと提携しているなら、そのポイントを電子マネーに移行して支払いに使うことも可能です。

 

ポイントサイトを利用して買い物やポイントがゲットできるサービスを受けた場合、いつの間にかたくさんのポイントが貯まっているはずです。

 

もちろん、ネットの買い物に使う場合が多いとは思います。

 

そして、クレジットカードのチャージと併用し、電子マネーを利用して換金率の高い商品をショッピングをした後、その商品を転売して現金を得ることができます。

 

しかし、電子マネーで商品券を買うことができない場合が多く、例外的にnanacoカードにクレジットカードをチャージして、クオカードを購入するといった間接的な方法がよく採用されています。

 

返品処理を使う電子マネーのクレジットカード現金化はオススメできない

 

直接電子マネーを現金返金で対応してもらう方法もあります。

 

しかし、あまり頻繁に使えませんし、返品処理は嫌がられることもあったり、ポイントで返金されることもあるようで、手順としてはプリペイド型の電子マネーにクレジットカードでチャージし、電子マネーでショッピングをします。

 

その後返品をするだけです。

 

たいていは、いったん現金で返金されますし、しかも還元率は100%ということになります。

 

今のところポイントで返金する方法がややこしく時間がかかるため、現金での返金が多いようですが、オススメの方法ではないこともお伝えしておきます。

 

まとめ

 

普及しつつある電子マネーを使ったクレジットカード現金化もたまに実行されています。

 

電子マネーにもいろいろ種類があります。

 

それぞれの特徴をつかみ、間接的な方法で行うが多いようです。

 

返品処理を使った電子マネーのクレジットカード現金化は、場合によっては可能だということをお伝えしておきます。

続きを読む≫ 2015/11/15 17:28:15

商品と媒介物を切り離して考えてみますと、商品はクレカ現金化であり、媒介物は決済の名目に必要なもの、という分別ができますね。

 

同じクレカ現金化という目的に、なぜここまで優良と悪徳に言われているのか・・・。

 

理由は様々有りますが、大まかにその対応の内容に言われる原因があります。

 

同じサービス内容が並んだ場合には、比較検討者の多くは目で見た情報を基にして判断することになりますので、換金率の数字が良かったり、サイトデザインが利用者の好みであったり、実際の取引内容がどうであれファーストインプレッションが利用者に与える印象は非常に大きな割合を占めます。

 

ですから、どの業者もこのような事を踏まえていると思いますが、目指すものが同じですと差別化が難しくなりますよね?そこで媒介物の違いや特定層への優遇を押し出すなど、独自性を際立たせている様子が確認出来ます。

 

その中で女性向けをアピールした「レディースプラン」、高齢者を意識した「シニアプラン」」、法人を意識した「法人プラン」などなど。。。

 

法人ですとショッピング枠の残高が高い傾向にありますので、店舗によっては「プレミアムプラン」などと誇称する業者も確認出来ます。

 

特に該当者が閲覧した場合には、他者と比べてそのような表記がなされていると、必然的に優遇してもらえるような印象を受けるサイトに申込みをしてしまうと思いますが・・・・実はこれがクレカ現金化業者の戦略であると言えます。

 

全てがそうであるとは断定が出来ませんが、お金の悩みという特殊な事情を抱える検討者はクレカ現金化業者が上手になってしまうといいますか、求めている側ですから弱い立場にあると言えます。

 

利用を前提に業者に対して申込みをする方が多数でしょうから、こうしたプランを設けているところに期待感を抱くしかなくなると言う事。

 

比較サイトでは、総合評価や各種項目に特化したランキングや掲載基準を設けているところがあるように、基本的にはプラン別の取引について評価しない傾向にあります。

 

むしろ、どのプランに置きましても対応が変わらないところこそが、何かとトラブルの防止策になるという考え方です。

 

クレカにおきましても、確かに女性向けや若者向けというサービス内容に特化して発行している会社もありますが、何かショッピング枠を利用する事で何か特典が付くことは・・・そう無いですからね。

 

業者にとって都合の良い集客手段である、戦略である、と推測されますと、上記の全てに合点するのではないでしょうか?

続きを読む≫ 2015/11/09 16:29:09

貧困ビジネスと言えるクレカ現金化の仕組みですが、そもそも利害が一致した上で所有者は意思決定していると思われますが、普通の考えを持った方ならこのような業者に申込みをしようとしたり、関わりを持とうなんて考えは起きないでしょう。

 

しかし、クレカ現金化では聞こえが悪いですが、「Amazonギフト券現金化or買取」とすると人の印象はガラリと変わります。

 

もう説明不要で誰もが知っている企業が発行するギフト券ですから、ネーミングだけで人々を引き付ける強さを感じませんか?そう、商品を変えるだけでクレカ現金化に対するイメージが変わるのです。

 

とは言え同じショッピング枠を換金する事を目的にしているのに、Amazonギフト券の方が信用できるというワケの分からない理由で申込みをしてしまうのが日本人です。

 

クレカ現金化業者がなぜAmazonギフト券を取扱いするのか、という理由について情報を発信している比較サイトは多くは無く、これは運営者が収入を得るために都合の悪い情報を包み隠す傾向に有る為であり、当サイトは営利目的で運営している事は有りませんのでバッチリと記載したいと思います。


決済会社はAmazonが提携している

つまり、決済に関わるトラブルはAmazonに連絡したり、Amazonが対応しますので、クレカ現金化業者の手間やトラブルを被るリスクが0になります。

 

商品はAmazon

前述したように名前だけで信頼度が有る為に、それを悪用していると考えてください。

 

第三者の立場で運営される市場の存在

発行元で禁じている金銭が発生する取引を、マージンを取ってCtoCなどと調子よく開いているサイトが有りますが、この存在が様々な特殊詐欺を生むキッカケにも繋がっています。

 

キャンセル不可能

ギフト券とは言え、発行元のAmazonで管理されているコードを取引しているので、その性質としコードの羅列さえ判明してしまえば誰にでもアカウントに充填される可能性があるということで、買取側としては既に発行済みとなっているものは買取が出来ないとされており、買う前に連絡してください、と指南しています。


特に4つ目の項目は要点となっており、買取する前に購入を指南している事から、金券ショップでも通常の金券買取屋でも何でもなく、紛れの無いクレカ現金化であることを示しています。

 

見た目のデザインに騙されている可能性があります・・・・十分に注意してくださいね。

続きを読む≫ 2015/11/08 19:49:08

立ち行かないからクレカ現金化をする、というか何も無ければこのようなサービスなんて関わりたくないですよね。

 

私も困り果てた挙句にお世話になって一人ですが、換金したお金は支払いで無くなりますので、次月に訪れる「引き落とし日」までに口座にお金を入れなければいけないと、また焦っていた事を今でも覚えています。

 

この金策は、例え現金を手にする事が出来ても何も解決しない事は問題視されている原因で、別にクレカ現金化だけでなく、総じて金策と言われる全ての業者に言える事です。

 

特に近年は、金貸しに対する法規制が他の先進国の中でも特に際立っており、今では銀行傘下に入る事で運営を続けられているのが現実で、改正貸金業法で負い目を食らった貸金業者は軒並み閉鎖、もしくは縮小された結果を生み出しました。

 

その結果として2015年現在、債務を抱える人たちが減っていき、次第にクレカ現金化業者も閉店していく傾向になっています。

 

これは社会的にもの凄い良い影響で、お金に関わる商売に社会的生産を生み出すとはとても言えなく、業者を利用しなくなったと言う事は「お金に困る人がすくなくなった」・「商売にしていた人たちは利益が残らず他の仕事をするようになる」・「換金したことによる支払いの滞納者を減らす事が出来る」・・・などの社会的な好影響しかありません。

 

では、クレカ現金化に何が負の要素となっているのか、さらに詳細を各比較サイトからキュレーションします。

  • 怖いお兄さんたちの資金源になっているかも
  • 誰が経営しているのか、想像だけが膨らみますが意外と何でもないのかも?

     

  • 個人情報を悪用されるかも
  • 大企業や国レベルで流出問題が有りますので、クレカ現金化だけがそのリスクが有るわけでは無い。

     

  • 振込が無い・言っていたコトと違うなどのトラブル
  • 比較サイトの情報を参照しましたでしょうか?言われるがままに進めた自分を責めるしかありません。

これらは実際に録音や証拠が残っている訳でなく、多くは机上の話で終わっている事が面白い点です。

 

実際にそれら被害に関する情報は、国民生活センターでも発表がされている事は無く、支払い滞納を招く要因としての注意喚起で有り、ツッコミどころがあれば容赦なく潰すのでしょうが、実際のところ妄想ばかりが先行しているのかもしれません。

 

比較サイトや注意喚起される情報は、メリットもデメリットの両方について、その真意を見極める事が必要です。

続きを読む≫ 2015/11/08 19:02:08

クレカ現金化は比較的事業者側に対してイメージの悪さが付きまといますが、取引の性質上、クレカホルダーである自分自身の意思確認で決済を行う形になりますので、換金目的での利用を自覚して実行している事が予測されます。

 

これは事業者側が他人のクレカ番号や有効期限、さらにCVV番号などをバッチリと生成することなど不可能ですから、所有者の意思で換金をしていると言い切っても過言ではありません。

 

互いの合意の上で換金をしていると言う事で、発行会社からしたら同罪であり、何等かの処分が下されても問題が無い事は分かりますよね?このリスクを承知した上で利用する事が出来るのであれば、金策によって生まれる気苦労よりも、節制する事の気苦労もこなせるのではないでしょうか。

 

金策するよりも節制する事の方が辛い?

 

お金があれば使ってしまうのが浪費癖の有る方で、理性が働いている人は低所得であろうが高所得であろうが適切にお金との付き合い方が出来ます。

 

お金は手に入れる事が難しいのですが、使う事は非常に簡単で、しかもお金を通して我々は社会との関わりを持っている為に必要不可欠な存在です。

 

だからこそ汗水垂らして一生懸命に我々は労働をするのですが、その収入に格差が生じてしまうことは避けられません・・・。

 

働く事も大変、金策をする事も大変、支払いをするのも大変・・・それなら節制を徹底する苦しみの方がまだ先は明るいのではないでしょうか。

 

上流から下流へ流れる川の様に、次々とお金を流しても流されるだけですから、これを堰き止める事が出来ればお金を残す事に繋がる、という単純な理屈です。

 

支出の中でも当然避ける事の出来ない項目もありますが、それ以外の私欲で出費される項目を抑える事が出来れば良いのですが、社会人となった今、お金を使わないで生活を営む事は大きなストレス。

 

自宅から一歩出ればお金を使わずに何かのサービスを受ける事や、散歩や公共施設で時間を潰して満足出来ればよいのですが、浪費される方がいきなりこの生活が出来るかと言いますと非常に難しいと考えられます。

 

しかし、その苦痛と金策する事の苦痛はどちらが大きいでしょうか?どちらを選択した場合の行く末を想像するとどちらが良いでしょうか?答えは自ずと出てくるはずです。

 

金策で味わう苦痛は社会的な信用を失う恐れも有る事を理解しますと、クレカ現金化に限った話ではありませんが出来るだけ第三者の手を借りない方が望ましいと結論付けることが出来ます。

続きを読む≫ 2015/11/06 14:25:06

キャッシングの申し込みも最短30分〜1時間ほどで完了する消費者金融も多いわけですが、必ず審査を介します。

 

もし審査に落ちたり、今日お金が必要なのに審査が遅れて明日以降の着金になるということであれば、最短最速のクレカ現金化を利用してみてはどうでしょうか?

 

実はクレカを持っているだけで審査OK

 

最強の資金調達方法は、クレカ現金化だった!これは紛れもない事実です。

 

しかもクレカを持っていれば、100%に近い確率でお金を工面することができる方法となっており、キャッシングは利用前に審査がありますが、クレカの申し込み審査よりも厳しいことが普通です。

 

さらにクレカ現金化は、ショッピング枠を利用するので健全に利用履歴を重ねると、必然的に利用限度額も多くなり、金利もキャッシングと同等に収まることがほとんどとされています。

 

クレカ現金化では、クレカを持っている、ショッピング枠がある、本人確認ができる、この3つだけで即日融資が完了します。

 

土日祝日のお金の調達方法

 

クレカ現金化は買い物と同じような方法ですから、当然保証人や担保も不要・・・その上で審査も全くないわけです。

 

問題は土日祝日など、銀行が休業している場合のお金の調達方法です。

 

ところが、メガバンクや地方銀行は、休業していても、ネットバンクは営業していることが多いようですが、業者全体の特徴としてネットバンクを広く取扱いしている事が確認されます。

 

ネットバンクでは、24時間365日休みなく取引ができるところが多くなっており、いつクレカ現金化をするのか各々次第ですが、予め土日祝日も利用できるネットバンクでの口座開設をしておきましょう。

 

自営業でもクレカ現金化

 

自営業をしていると、クレカの申し込みはできてもキャッシングの申し込みでは審査落ちになることも多いはず。

 

そこで審査が不要のクレカ現金化で、一時的に資金を調達することも可能です。

 

クレカには、キャッシング枠もありますが、ショッピング枠のほうが圧倒的に金額が多いはずです。

 

突然まとまったキャッシュが必要になる自営業者は、その取引きをまとめるために短期資金調達にクレカ現金化を利用して、多額の資金を作ることができます。

 

もちろん、一括返済が前提ですが必要ならクレカ現金化も検討してみてもいいでしょう。

 

まとめ

 

最速でまとまったお金を用意するなら、審査も不要でクレカを持っていれば、誰でも利用できるクレカ現金化がオススメです。

 

土日祝日でも自営業者でも最速でお金を用意することができます。

続きを読む≫ 2015/11/06 13:48:06

私がオススメするクレカ現金化をしなくても済むかもしれない方法を、数が少なく、万人が利用できるワケでは有りませんがご紹介させていただければと思います。

  1. 今の家賃はお幾ら万円でしょうか
  2. 毎月の収入を上げることは出来なくても、出費を減らすことで結果的に貯金に結び付けることができます。

     

    また、お風呂や洗濯機が無かったとして、銭湯・コインランドリーを毎日利用するとした場合、おおよその計算では銭湯代が約15,000円、コインランドリー代が約9,000円で、計約24,000円は最低でも掛かる生活費であります。

     

    これに税金や食費に携帯代が現代人として生活を送る最低限の出費項目かと思いますが、10万円でもお釣りが出るのではないでしょうか?実際に私、2年間程度実行しまして、ミニマリストとして性格が変貌していき、貯金も出来るし癖も付くし、人生の一時的な期間と考えると意外にも達成できる方法で力強くオススメしたいです。

     

  3. プライドは捨てましたか?
  4. もう下げられない!!というくらい、知人や会社関係者にも頭を下げてみましたでしょうか?私、給与の前借もしたことがあります。

     

    給与が少なかった(言い訳)ことも一理ですが、当時手渡しで受け取っておりましたので、パンパンになった財布のまま夜の街に繰り出したコトが失敗を招きました・・・まあ私のキッカケは置いておきまして、第三者と言えどある程度素性が知れている相手であれば、素性を知らない第三者、つまり金策を提供する業者を利用しなくても、信用情報を傷つける事なく凌げる可能性がありますので、ダメ元でもやってみる価値はあります。

出来るだけリスクなく確実に、それでも早くて多ければ多いほど良い・・・いずれもお金に困った時に浮かぶ欲望です。

 

クレカ現金化もこれまで利用者が逮捕されたという話題についてはメディアで確認する事は出来ませんので、ある意味ではリスクなく確実と言えるのではないでしょうか?スピードも恐らく金策市場ではナンバーワンで有る事は間違いない事です。

 

しかし、こうした良い面ばかりでは無く、事業者もなにもボランティア精神で運営している方はいないでしょうから、キッチリと手数料は発生するわけですが、これと引き換えに上記の欲を満たす手続きが実現できることを考えますと、計画立てて利用する事については何ら問題なく応用されていると思います。

 

それでもクレカ現金化に依存して環境をより悪化させてしまう方が居るのが事実であり、関係団体で注意喚起されている事の原因となっていますが、これは与信枠があれば簡単に利用できてしまう諸刃の意味合いも有る事について触れる比較サイトは数少ないです。

続きを読む≫ 2015/10/29 17:27:29

実は今、クレカ現金化業者の数は次第に減ってきているのが現状です。

 

比較サイトからリンクを貼られていても、比較サイト自体の更新が既に放置されていたり、Amazonギフト券の換金に移行したお店は数が多いモノの、依然として従来からの厳しいメディア露出の機会が無い為に、比較的歴史があるAmazonギフト券買取サイトも閉店が見られるようになりました。

 

Amazonに移行するキッカケと致しまして当サイトで考えられる範囲となりますが、立て続けに悪徳業者が捕まっている状況と市場規模間の狭い隙間産業において、数少ない広告枠の競争が激化したことにより、新たなる掲載枠と市場の開拓を求めたものと思います。

 

今も運営をしている業者の多くは十年くらいは営業をしている業者ではないでしょうか?それに後から参入してきたお店も数多くありましたが、熾烈な競争に負けて今では404表示になっているなど、ごく一部しか成功と言いましょうか、まともに営業年数を重ねられているところは多くはありません。

 

さらに、広告枠の数はおおよそ検索結果の1〜2ページ目が一つのホットラインとなっているようで、こちらに表示、または表示されている比較サイトに掲載することが出来ないお店は、そのメディア戦略で負けていると判別が出来ます。

 

これは前述したAmazonのクレカ現金化業者でも同じ事が起きており、利用者の絶対数に対して業者の数が飽和状態で有る事を意味しております。

 

リスティング広告は従来の業者では掲載されることが不可能ですが、Amazonギフト券にすると掲載が出来るようですが、こちらも広告単価の入札価格が高騰しており、実際に獲得される見込み客が検索するワードのほとんどが、掲載ガイドラインに抵触するワードとなっていることで、ターゲットに指定できるワードの数が多く無く、結果的に誰もが狙うワードに入札しなければならないことが見て分かります。

 

顧客の取り合いによって次々と自滅、さらには総量規制の効果により見込み客の今後の減少によって、さらに激化、そして、金融機関系のカードローンが借金や融資のオンリーワンとなり、結果的に業界全体で自滅していくのが当サイトが考えるクレカ現金化の未来です。

 

資金調達策は他にも有りますし、メディアを利用した注意喚起と消費者の意識付け、メディアの掲載自主規制が今現状の厳しさを保っていれば、サービスが消滅する日はかなり近いのではないでしょうか?それは新興サービスである換金市場も同様に考えています。

続きを読む≫ 2015/10/29 16:11:29